外郎 売 ひらがな。 日ナレでもやる「外郎売」の全文ふりがな付き、コツなど

外郎売 全文(ひらがな付き)

売 ひらがな 外郎

この一節だけだと、暗記している私なら、約一分で読めます。 ちょっと さきの おこぼとけに おけつまずきゃるな、ほそどぶに どじょ にょろり。 外郎売を暗記できない「カブキブ見れば一発でわかるよ」 外郎売は活舌として使われることが多いですが、 活舌として暗記すると「意味わからなくて覚えられない」という人が結構多いです。

2

外郎売り(ういろううり)本文

売 ひらがな 外郎

中にも 東寺の羅生門には 茨木童子がうで栗五合 つかんでおむしゃる。 産子、這う子に至るまで、此の外郎の御評判、ご存知ないとは申されまい。

4

滑舌を良くする!外郎売(ういろううり)について解説!

売 ひらがな 外郎

かのらいこうの ひざもと さらず。 鬼の腕と栗の鬼皮の鬼つながりといったところでしょう。 舌のまわることが、銭ゴマがはだしで逃げる。

外郎売 ふりがな付き全文 口上や意味を把握して滑舌練習しよう

売 ひらがな 外郎

ぶぐ・ばぐ・ぶぐ・ばぐ・みぶぐばぐ、あわせて ぶぐ・ばぐ・むぶぐ ばぐ、 武具・馬具・ぶぐ・ばぐ・三ぶぐばぐ、合わせて武具・馬具・六ぶぐばぐ、 きく・くり・きく・くり・みきく くり、あわせて きく・くり・むきく くり。

『外郎売』とは?みるみるうちに滑舌が良くなる発声トレーニング

売 ひらがな 外郎

一色町 江戸時代に年貢を米でなく、特産品で納めることを許された町につけられていた地名。 かのらいこうのひざもとさらず。

7

外郎売り(ういろううり)本文

売 ひらがな 外郎

落ちたら煮て食お、煮ても焼いても食われぬものは、 五徳、鉄球、かな熊童子に、石熊、石持、虎熊、虎きす。 開合爽やかに、 (くちびる)の(けいちょう)。

3