クロニクル レガシー デッキ 2019。 【第4回】デュエマ 2019年8月発売、最新アルティメット・クロニクル・デッキ『SSS!! 侵略デッドディザスター』をチラ見せ!

【デュエマ】アルティメットクロニクルデッキ2019はどっちが強い?買うならオススメは?

デッキ 2019 レガシー クロニクル

。 そもそも元となっている【シノビドルゲーザ】自体、「サイズの大きい 《剛撃戦攻ドルゲーザ》を場に出す事で戦況を動かしつつ、ドロー能力によって防御札である『ニンジャ・ストライク』持ちクリーチャーを加える、攻防共に優秀なデッキ」として環境に居座った強力なデッキです。 事実、バルガ軸ではないものの、《爆熱天守 バトライ閣》と《超戦龍覇 モルト NEXT》のコンビによって、【連ドラ】のような動きも可能となっていた【モルトNEXT】がトップメタの一員となっていた事、さらにその 《爆熱天守 バトライ閣》と《超戦龍覇 モルト NEXT》 がプレミアム殿堂超次元コンビとなり、この2種を1つのデッキに採用する事が出来なくなったことから、【連ドラ】のカードパワーも馬鹿にできない状態だという事は認識出来ていた事でしょう。

18

クロニクル・レガシー・デッキ

デッキ 2019 レガシー クロニクル

ゼニス専用サポートである上に、既存の【ターボゼニス】や【ゼニスクラッチ】とはやや噛み合わない 《創世と終焉のゼニスパーク》 と、かなり尖った物ばかりです。 敢えて言うなら、革命編環境にて発売された構築済みデッキにしてはS・トリガーが少なく、何もできずに負ける可能性自体は否定できませんでしたが、それを補って余りある爆発力は秘めていたと言えるでしょう。

20

DMBD

デッキ 2019 レガシー クロニクル

パーツ 《光神龍スペル・デル・フィン》 《永遠のリュウセイ・カイザー》 《勝利宣言 鬼丸「覇」》《剛撃古龍テラネスク》 《閃光のメテオライト・リュウセイ》 《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》と、再録カードに実用的かつ優秀な物がそろっていましたね。 切り札である 《悪魔神バロム・クエイク》及び 《大地と悪魔の神域》がそこまでデッキを縛らないで扱えるカードである事による拡張性の高さ。 パーツ取りとして見れば、5色デッキらしくかなり豪華でした。

【発売決定!】デュエマ クロニクル・レガシー・デッキ2019【8月予定】

デッキ 2019 レガシー クロニクル

最新カードチラ見せ第3回! 人気TCG『デュエル・マスターズ』より、2019年8月9日発売予定の最新アルティメット・クロニクル・デッキ『SSS! 相手はそのシールドを手札に加える。

【第3回】デュエマ 2020年8月発売、クロニクル最終決戦デッキ『覚醒流星譚』&『龍魂紅蓮譚』収録カード先行チラ見せ!

デッキ 2019 レガシー クロニクル

どんなカードを使うにもマナコストの概念が付いて回る「デュエル・マスターズ」というゲームにおいて、そうしたマナコストの概念を無視したプレイが出来る「コスト踏み倒し」は強力です。 再録カードの質はかなり良かったです。 すべての「ファイナル革命」持ちクリーチャーにチェンジできるS・トリガードラゴン 《無双龍聖イージスブースト》• 使いやすさ……コンセプトや収録カードの癖等を見て評価します。

13

【第3回】デュエマ 2020年8月発売、クロニクル最終決戦デッキ『覚醒流星譚』&『龍魂紅蓮譚』収録カード先行チラ見せ!

デッキ 2019 レガシー クロニクル

それでも、使いこなせた際の強さとパーツ取りとしての魅力はしっかり存在していました。

18

DMBD

デッキ 2019 レガシー クロニクル

今週のチラ見せは不定期更新!見逃すな! (パワー0以下のクリーチャーは破壊される) S:このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、コスト4以下のクリーチャーを好きな数、自分の墓地からバトルゾーンに出す。 特にこのデッキの中核兼フィニッシャーである 《「終焉」の頂 オーエン・ザ・ロード》までもがピン刺しという点がかなり痛いデッキになっていました このように、構築、コンセプトの両面からひたすらに癖が強く、安定性とは程遠いデッキでした。 《斬隠蒼頭龍バイケン》1枚• 拡張性……改造のしやすさを見ていきます。

18

【発売決定!】デュエマ クロニクル・レガシー・デッキ2019【8月予定】

デッキ 2019 レガシー クロニクル

このターン、そのクリーチャーのパワーを-3000する。

11

【デュエマ】アルティメットクロニクルデッキ2019はどっちが強い?買うならオススメは?

デッキ 2019 レガシー クロニクル

(仮テキスト) 墓地メタ、除去、マナ加速といぶし銀感。 デッキのコンセプトは、「相手を殴りながらサバイバー能力でカードアドバンテージを広げ、最終的に圧倒的なアドバンテージの差で殴りきる」という物でした。 使いやすさ 《ヘブンズ・ゲート》のわかりやすい強さのおかげで、このデッキのコンセプトもかなりわかりやすい物になっています。

17