春の 風 を 待つ あの 花 の よう に。 選葉その2・飛梅の歌

GARNET CROW 春待つ花のように 歌詞&動画視聴

を 春の の あの 風 待つ に 花 よう

私の疲労した眼はどこを見ても、 書物で読んだ事柄を忘れようと願う。

春の風を待つあの花のように飾らない心でいられたら|mao|note

を 春の の あの 風 待つ に 花 よう

山田の原の杉林を。 天満宮は、天神様をお祭りするお宮さんですが、天神とは、雷神のことのようです。

8

尾崎喜八:ヘッセ詩集より

を 春の の あの 風 待つ に 花 よう

第三句は「鶯の」「鶯に」などとする本もある。 秋はすでに森のふちで待伏せしながら流し目を送っている。 『御裳濯河歌合』では「狩り暮れし天の川原と聞くからに昔の波の袖にかかれる」と番われ、俊成は「ともに幽玄の体なり」と評して持(引分け)とした。

3

春の風を待つあの花のように飾らない心でいられたら|mao|note

を 春の の あの 風 待つ に 花 よう

掲出歌は「苔の下水」という幽かな上にも幽かな水流に焦点をあて、細やかに感覚をはたらかせつつ、水が「道を求む」と言って、自然に意志があると見なし、力動感ある春の始まりの時を描き出した。

6

GARNET CROW 春待つ花のように 歌詞

を 春の の あの 風 待つ に 花 よう

後世の歌人は夏の日射しによって捻じ曲がった草と誤解し(派生歌参照)、昨今の諸注釈書も同じ誤解を受け継いでいる。 【他出】御裳濯河歌合、西行家集、定家八代抄、詠歌大概、近代秀歌、八代集秀逸、時代不同歌合、六華集、題林愚抄 【主な派生歌】 もよほすもなぐさむもただ心からながむる月をなどかこつらん 思ひやるそなたの空もしぐるなりかこちがほなる雲の色かな ともすればかこちがほなる涙かな老となる身は人のとがかは 禅心[続後拾遺] つらかりし人ならなくに打佗びてかこちがほなる秋の夕ぐれ くまもなき折しも人を思ひ出でて心と月をやつしつるかな (644) [新古1268] 【通釈】隈もなく照っている折しも、恋しい人を思い出して、自分の心からせっかくの明月をみすぼらしくしてしまったよ。

春待つ花のように 歌詞 GARNET CROW ※ the-woods.co.uk

を 春の の あの 風 待つ に 花 よう

自分自身の悲しみの苦痛ばかりが思われて。 人これを嘆美するなり」(原文は漢文)とあり、西行の出家が当時都の人々の評判となったことが窺える。

春待つ花のように 歌詞 GARNET CROW ※ the-woods.co.uk

を 春の の あの 風 待つ に 花 よう

『御裳濯川歌合』では最初の番の右に置かれる。 また雲そのものを指すこともある。

7

GARNET CROW 春待つ花のように 歌詞&動画視聴

を 春の の あの 風 待つ に 花 よう

【補記】落花を見て、日頃の厭離穢土の思いが一挙に溢れ出たといった趣き。 【他出】山家心中集 【参考歌】「古今集」 月かげにわが身をかふる物ならばつれなき人もあはれとや見む 【主な派生歌】 憂へつくす月のおもてにしるしあれな眺めは人のあはれしるべく なげけとて月やはものを思はするかこちがほなる我が涙かな (628) [千載929][百] 【通釈】悲しみ嘆けと、月が物思いをさせるのだろうか。

8

GARNET CROW 春待つ花のように 歌詞&動画視聴

を 春の の あの 風 待つ に 花 よう

【他出】夫木和歌抄 黒き 炎 ほむらの中に、男女もえけるところを (四首) なべてなき黒きほむらの苦しみは夜の思ひの報いなるべし (聞書集208) 【通釈】並大抵でない黒い炎に焼かれる苦しみは、夜の思いに対する報いの業火であるに違いない。 【参考歌】「後拾遺集」 心あらむ人に見せばや津の国の難波わたりの春のけしきを 「久安百首」「千載集」 心なきわが身なれども津の国の難波の春にたへずもあるかな 【主な派生歌】 夕まぐれ鴫たつ沢の忘れ水思ひ出づとも袖はぬれなむ [続古今] いまははや鴫たつ沢のかげも見ずこほりにむかふ冬の夜の月 あはれをばただ夕暮におもひしを鴫たつ沢の有明の月 〃 ふかくなる鴫たつ沢の秋の水すみのえよりやながれそふらむ 題しらず きりぎりす夜寒に秋のなるままに弱るか声の遠ざかりゆく (新古472) 【通釈】蟋蟀は秋が深まり夜寒になるにつれて衰弱するのか、鳴き声が遠ざかってゆく。 『西行法師家集』では「恋歌中に」。