Excel 選択肢。 Excelで基本のプルダウンリスト[ドロップダウンリスト]の作成

【Excel】可変・連動のプルダウン(入力規則)を作ろう

選択肢 excel

Excel2003以前では別シートのリストを入力値とするには、名前の定義を利用する方法やINDIRECT関数を利用する方法があります。 たとえば、であるかどうかを確認します。

7

ドロップダウンリストをマウスを使わずキーボードで操作する:Excel

選択肢 excel

マウスで選択すると入力されます。 Sheet1のA1セルに入力規則を設定します。 そして、お好みでセルに色などを設定しておくと、パッと見で分かりやすくなるので、この後の操作がしやすいです。

6

ドロップダウンリストから選択して入力する:Excelの基本操作

選択肢 excel

セル範囲B2:B9に「九州」と名前を定義します。

6

Excel 2013|選択項目をあらかじめ仕込んでおけるドロップダウンリストをつくる

選択肢 excel

ちなみに、ここで表示される一覧は、操作中の文書に設定されているによって変わってくるので、色が図と同じじゃなくても、気にする必要はありません。 入力値の種類で「リスト」を選択します。 [元の値]の入力欄で矢印キーを使ってカーソルを移動したいときは、[F2]キーを押して編集状態にしてから操作してください。

17

ドロップダウンリストとINDIRECT関数を組み合わせた活用

選択肢 excel

プロパティ 設定値と説明 オブジェクト名 マクロ・VBAからアクセスする変数名です。

Excelでセルの入力をプルダウンから選択させる方法

選択肢 excel

が終わったら、名前ボックスでクリックして、名前を入力します。 入力する字句を覚えておく必要が無くなります。

19

ドロップダウンリストをマウスを使わずキーボードで操作する:Excel

選択肢 excel

まずは1列目から。